村上右磨(ゆうま)出身高校はどこ?父親がコーチってホント!

7タイトル画像

北京オリンピック スピードスケート男子500m日本代表の村上右磨(ゆうま)選手。

現在29歳の村上右磨選手は、代表入りを果たすまでは無名に近く、「遅咲きのスプリンター」と呼ばれています。

メンバー入りを果たした代表選考会では、日本スケート連盟が定めた選考基準のタイム34秒68を0.002秒下回る記録で最後の枠を獲得しました。

そんな村上右磨選手のこれまでの道のりや、ご家族とのかかわりについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
目次

村上右磨の出身高校はどこ?

村上右磨選手を北京オリンピックで初めて見たという方も多いかもしれません。
こんな優しそうな笑顔の持ち主です。

リンクの上で滑る姿です。

足が長く伸びていてかっこいいですね。

村上右磨選手は3歳ごろから兄の影響でスケートを始めたそうです。
インタビューで当時を振り返っています。

スポーツ少年団に入っていた兄について、3歳のときに滑りに行ったのが最初です。ちゃんと最初から滑れたらしいので、スケートのちょっとした才能はあったのかな。(笑)

JAPAN SKATING FEDERATION

村上右磨選手の出身地は北海道広尾郡大樹町です。

大樹町は航空・宇宙分野での実験を積極的に誘致している町で、ホリエモンこと堀江貴文さんが宇宙事業の拠点として一度住民票を移したことがあるそうです。(2020年4月27日にTwitterで大樹町民をやめると投稿)

育ったのは北海道帯広市。
小学校は帯広市立森の里小学校です。
北京オリンピックにむけて母校の生徒さんからの応援メッセージが贈られました。

所属会社:髙堂建設株式会社HP


中学校は帯広市立緑園(りょくえん)中学校です。
サッカー部に所属していたそうです。

緑園中学校を卒業後、北海道帯広工業高校に進学しています。
村上右磨選手ご本人のFacebookの投稿です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる